長所×好きを活かし合う世界へ

発達凸凹の私たちは、当たり前のことができず、自分のことをずっと責めていました。

何で普通になれないの?

普通により近づくため、凹を隠し完璧を目指してあの手この手の努力をしました。

でも気づきました。そんな日々を、もう手放してもいいことに。

凸凹に与えられたギフトは何だろう?

拘りや衝動性に従って、「自分に素直になって」ただやりたいことだけをやっていい!

と、生き方で周りの人に伝えることなんじゃないかと。

凸凹の私達が、まず、思い切って苦手なことを手放し、楽しく空を飛んで輝くことで
みんながみんな、好き&得意なことだけをして、貢献し合える世界を創っていきます!

自分の凹にいっぱい向き合ってきた方が、自身の輝く面に気づき、一歩踏み出すお手伝いをします。

凸凹さんの活躍をめいっぱい伝えます。

でこぼこ万歳。 凹はみんなで、補いあっていこう。

世界は思っているよりもずっと優しいから。