自分を知ることの大切さ

こんばんわ。共同代表のemoです。いよいよ肌寒くなってきましたね。

今回のコラムは就労ついて書きたいなと思います。

現在、私がもっとも悩んでいる問題は就活についてです。

就活で一番壁にブチ当たるのが面接です。私も面接はどちらかというと苦手な部類になります。

特に学生時代は、嫌で嫌で緊張して言葉がでないくらい苦手でした。

ですが今は、少し苦手なくらいなレベルに改善しました。

その理由は、「面接は自分を知ってもらう貴重な機会だ」と考え方を転換することで、面接で緊張する自分をも大切にすることが出来るようになったからです。

 

ポイントとなるのは「面接はライブだ」という発想です。

面接会場がライブ会場、採用担当者が観客、面接を受けている自分はアーティストなんだと考えます。

そうすると面接は「自分を知ってもらえるステージ」「アーティストである自分を表現するクールな場」になり、私の場合、行きたくない気持ちが減りました。

 

他には、面接官の表情を読み取って面接官を分析することににハマってしまい、面接が好きになった知り合いもいました。

ただ、いくら考えを転換することができても自分を知らないとアウトプットができないので自分を知ることは大切です。

自分を知るには自己分析がとても大切で、強みだけでなく弱みも全て理解でき、「自分はこんな人だ」とまずはインプットするのがファーストステップかなと思います。

最後に

自分を知りたい、もっと掘り下げたいって方がいたら現在の自分の状態を把握して下みてさい。

今回の記事の自分を知る大切さについて質問、不明点等あればコメントか以下のURLにメッセージを下さい。

公式サイト:http://lasstothedream.com/

公式Facebookページ:www.facebook.com/lasstothedream

公式twitter@lasstothedream

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab_000

PS 寒くなってきたので温かいうどんが食べたいです。

(文:emo・編集yu-ka)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です